福祉用具にもレンタル対象と購入対象の2種類あります

自宅で介護を行う上で必ず利用するのが福祉用具です。

介護保険で利用できる福祉用具には、車椅子や電動ベッド、手すりや歩行器、ポータブルトイレやシャワーチェアーなど多くの種類があります。

それらは全て介護保険を使って利用することができるのですが、用具によってレンタルして利用するものと購入して使うものとに分かれます。

どの用具がレンタル対象でどれが購入対象なのか、できるだけわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

介護保険と福祉用具

そもそもなぜレンタルと購入の2種類に分かれているかと言いますと、本来は体調の変化が起こりやすい高齢者の状態に応じて、福祉用具を変更できるようにレンタルが基本となっています。

ただ、衛生的に使い回しがふさわしくないものや、使うことで形が変わるもの(消耗品)は購入対象となっています。

  • メンテナンスとクリーニングで使い回せる用具・・・レンタル
  • 衛生面、耐久性で使い回しがふさわしくない用具・・・購入

 

排せつや入浴に関する福祉用具は購入対象となっています。

レンタル対象の福祉用具

介護保険でレンタルできる福祉用具の種類は、全部で13品目です。

今後、新しい福祉用具が開発されたり、介護のニーズに応じて増えていく可能性もあります。

 

 

手すりとスロープに関しては、壁や地面に固定する工事を伴うものは介護保険のレンタルではなく住宅改修の対象となります。

 

 

車椅子、車椅子付属品、特殊寝台、特殊寝台付属品、床ずれ防止用具、体位変換器、認知症老人徘徊感知器、移動用リフトの8点は原則として要介護2以上の方が対象です。
要介護1以下の方であっても特定の疾病があったり保険者が必要と認めた場合にはレンタルすることができるので、詳しくはケアマネジャーに相談して下さい。

購入対象の福祉用具

介護保険で購入できる福祉用具は5種類です。

 

 

福祉用具の購入は1年間(4月~翌3月)で10万円が限度です。
10万円までであれば、複数の福祉用具を購入することができます。

 

利用者がいったん購入金額の全額を支払い、その後に申請をして介護保険による補助分(9割~7割)の支給を受けるという、いわゆる「償還払い」を原則としています。

過去に購入した福祉用具と同一種目のものを再購入する場合には、特定の理由が必要なります。

  1. 用途・機能が著しく異なる場合。
  2. 破損した場合。
  3. 利用者の介護の程度が著しく高くなり、買い換えが必要になった場合。

 

福祉用具の購入は指定業者から購入しないと介護保険を使えません。

 

レンタルも購入も対象外のもの

オムツや紙パンツなど

介護用品の中でも、オムツや紙パンツなどの消耗品は介護保険を利用して購入することはできません。

ただ、自治体によってはオムツなどの購入に助成金を出しているところもあるので、市町村の窓口かケアマネジャーに相談してみて下さい。

T字杖

普通のT字杖(一本杖)は介護保険を使ってはレンタルも購入もできませんので、通常の購入となります。

杖の中でも、杖の先が4点に分かれている4点杖はレンタル可能です。

尿器

尿器は男性用・女性用、また形に関係無く全て購入対象外です。

全額自費での購入となります。

浴槽すべり止めマット

お風呂の中で使用するすべり止めマットは購入対象外です。

全額自費です。

 

まとめ

福祉用具1つで普段の生活が安全で安楽になることも多いです。

福祉用具のレンタルも購入も共に介護保険を利用することができるので、必要なものを有効活用していきましょう!

介護保険
スポンサーリンク
オムツと介護の知識