室内用スロープで部屋と廊下の敷居の段差を解消します

家の作りによっては部屋と廊下の境に敷居があり、数センチの段差がある家庭もあります。

室内を歩行器や車椅子で移動している方には、その数センチの段差が障害になって移動がしにくいこともあります。

そんな室内の段差を解消してくれるスロープがあるのでご紹介します。

スポンサーリンク

室内用スロープとは?

廊下と居室の敷居の段差部分に設置することで、緩やかな坂道を作ってくれるスロープです。

そのまま置くだけで使用でき、滑り止め加工がされているためズレることもありません。

とても手軽に使えるスロープです。

介護保険を使用してレンタルすることができます。

この室内用スロープにもいくつか種類があります。

スロープの高さ

同じような敷居の段差でも、高さはそれぞれ違います。

敷居の高さに合わせて室内スロープを選ぶことができます。

室内スロープの高さは、1cm~6cmまであります。

また、5mm刻みで選ぶことができるので、3.5cmや5.5cmといった高さもあります。

実際に設置する場所の敷居の高さを測り、ぴったり合うサイズの室内スロープを選びます。

スロープの横幅

標準のスロープ横幅は80cm前後で、車椅子や歩行器が十分通れる幅はあります。

広いスペースに設置するのであれば、100cmや160cm幅のスロープもあります。

室内スロープを作っているメーカーによって選べる横幅も違うので確認が必要です。

使用上の注意点

設置してすぐや歩いて移動するときは要注意

スロープを設置してすぐは、これまでどおり段差だと思って足を出すと、スロープになっているためバランスを崩してふらつくこともあるので注意が必要です。

スロープがあることをしっかりと認識することが大事です。

室内スロープを設置した場所を車椅子や歩行器のように車輪のついたもので通る際にはとても役に立ちます。

ただ、歩いてスロープの上を通る際には少し注意が必要です。

すり足気味で歩かれる方にとっては、少しの段差でもつまづく可能性があるので、スロープで緩やかな坂道を作る方が歩きやすいかもしれません。

しっかり足が上がる方にとっては、スロープで坂道を作ることで滑りやすくなる可能性もあるので注意が必要です。

 

屋内での使用に限る

屋内で使用するためのスロープのため、玄関口の段差部分などの雨や風が当たる場所での使用はできません。

屋外で使用する場合には、屋外用のスロープがあるのでそちらを設置して使用します。

まとめ

室内で歩行器や車椅子移動する際には確実に役に立つ室内スロープです。

介護保険を使用してレンタルすることができるので、1ヶ月数百円で使うことができます。

必要な場合には一度ケアマネジャーに相談して下さい。

 

玄関の上がりかまちや屋外の大きな段差に使用するスロープも介護保険でレンタルすることができます。

スロープ
スポンサーリンク
オムツと介護の知識