男性用の尿取りパッドの使い方と種類

使い捨てパッドの多くは紙オムツと平行に敷いて使用するものですが、男性器に巻いて使用する男性用の尿取りパッドもあります。

男性と女性では尿の出方が違うので、尿モレの仕方も違います。

男性の尿モレや排尿後の不快感を軽減してくれる男性用パッドをご紹介します。

 

スポンサーリンク

男性用パッドでどんなパッド?

色々なメーカーから販売されていますが、筒状に巻いたパッドで男性器を包み込むようにし、排尿を直接受け止めるように使用するパッドです。

通常のパッドは開いて平らにして使用するのに対し、男性用パッドは巻いて立体的に使用するパッドです。

このパッドにもメリットとデメリットがあります。

 

男性用パッドのメリット

パッド交換が楽

通常のパッドはお尻の下まで敷いているため、交換時には身体を横に向ける必要がありますが、このパッドはオムツを開いたら身体を動かすことなく交換することができます。

排尿によるパッド交換の手間はぐっと短縮されます。

 

紙オムツからの尿モレを減らしてくれる

男性の尿はオムツの中で前や上側に広がっていきやすいので、お尻に敷いているパッドが吸収する前にオムツ外に漏れてしまうことがあります。

男性用のパッドを使用していれば、そのパッドが広がる前に直接尿を吸収してくれるので、オムツの上からのモレを軽減してくれます。

 

排尿時の不快感も軽減してくれる

オムツ内で排尿をすると、尿は陰嚢を伝ってお尻の方にも流れていきます。

陰嚢が尿で濡れる不快感は強く、陰嚢や臀部の痒みやただれにも繋がります。

排尿された尿が広がらずに受け止めてくれるため、排尿時の不快感や肌荒れの予防になります。

 

男性用パッドのデメリット

オムツ内が膨らみ圧迫感が強く動き難い

丸めたパッドを入れた状態で紙オムツを閉じることになるので、通常のパッドだけの使用に比べてオムツは膨らみお腹の圧迫感は強くなります。

椅子に座る体勢になると更にお腹への圧迫感が増し、動き難さと不快感は増します。

 

パッドの吸収量はあまり多くない

男性用パッドは巻いて使用するため、パッド同士が重なって尿を吸収できない部分が出てきます。

巻いて使用する形状のためパッド自体も小型のものが多いので、通常お大型パッドに比べると吸収量は少ないため、尿量に応じてこまめなパッド交換が必要になります。

吸収量以上の尿が出てしまった場合には、逆に紙オムツから漏れやすくなります。

 

場合によっては使用できないこともある

男性器が短いような場合には、パッドで包み込んでもすぐに外れてしまうため、効果的に使用することができません。

男性器が外れにくいように男性器を通す穴が付いているパッドもありますが、しっかりとパッドで包み込めるぐらいの男性器でないと使用が難しく逆効果になります。

 

不快感が増す場合もある

巻いて使用するパッドのため、パッドの裏面についている防水シートが太ももに直接触れることになります。

吸収面に比べて防水シート面は肌触りが硬く冷たいので、肌の弱い方や敏感な方などにとっては不快になることもあります。

 

どのような方に向いているの?

  • 排尿時のパッド交換を楽に早くしたい方
  • こまめに尿パッドを交換できる方
  • 起きたり座ったりする機会が少なく、ベッドで寝て過ごすことが多い方
  • 紙オムツのお腹側からの尿モレが多い方

 

上記のような方に向いていますが、どちらにしても男性用パッドが本人に合うかどうか、一度試してみることをオススメします。

陰嚢の方に尿が流れて濡れることの方が不快なのか、陰茎をパッドに包まれる方が不快なのかは人それぞれであるため、使用してみないとわかりません。

また尿量や生活環境によっても合う合わないがあります。

実際の使用感をみてから継続使用を検討して下さい。

 

 

少量の男性用パッド

最近は薄型で少量のみ吸収する男性用パッドも多く販売されています。

 

ライフリーから販売されている「さわやかパッド男性用」です。

吸収量が10cc・20cc・80cc・120ccというように微量から少量までの尿モレをケアしてくれるパッドです。

このパッドは男性器を包み込むのではなく、パンツの全面に開いて当てるタイプのパッドです。

薄型のため装着していても目立たないため、外出時にも気兼ねなく使用できます。

ご自身の身体の調子や生活状況に合わせてご検討下さい。

 

 

 

パッド
スポンサーリンク
オムツと介護の知識