紙パンツの選び方や使い方を知りましょう

高齢になり足腰が弱ってきたり尿モレをするようになると紙パンツを使用します。今では多くの種類の紙パンツが販売されています。

どの紙パンツもよく研究されているので高機能ですが、本人に合った紙パンツを使用することで、快適さや動きやすさ、介護のしやすさなどが違ってきます。

まずは紙パンツの基本的な知識についてみていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

どんな人に向いている?

紙パンツは名前の通り、股の部分に吸収体の付いた紙製の使い捨てパンツです。

紙オムツに比べると、柔らかくお腹周りも伸縮性あるので動きやすく、布製のパンツのように上げ下げできるのが特徴です。

そのため、トイレやポータブルトイレで排泄ができる方、日中は座って過ごすことが多い方、立って歩ける方には紙パンツの使用が向いています。

最近では薄型の紙パンツも販売されています。

普段は布パンツを使用している方でも、長時間の病院受診などの外出時のみ使用するといった必要時だけの使用方法もあります。

 

大は小を兼ねない

紙パンツに限らず紙オムツでもパッドでも同様なのですが、大きい方がいっぱい吸収するから少し大きめのサイズを使用するのは良くありません。

身体に合ったサイズでないと隙間ができてしまい、そこから尿モレすることになります。

少しでも紙パンツから漏れてしまうと、衣服の交換やシーツの洗濯など多くの手間が増えることになります。

同様に、小さ過ぎても皮膚への圧迫が強くなり痒みやかぶれの原因になります。

紙パンツの種類によってはS・M・Lだけではなくもっと細かく5~6種類のサイズが別れているものもあります。

 

 

自分に合ったサイズの紙パンツを選ぶことが大事です。

 

紙パンツとパッドの組み合わせ

紙パンツの中にパッドを入れて使用している方も多いと思います。

交換の手間や経済的なことを考えると、紙パンツだけの使用よりもパッドも併用する方が良いです。

中に入れるパッドもたくさんの種類がありますが、基本的には『紙パンツ用のパッド』というものがあるので、それを使用するのが一番です。

 

 

紙パンツ専用パッドの特徴は、

 

  • パッドの出し入れが楽
  • ゴワゴワしない
  • ズレにくい
  • 紙パンツの機能がしっかり生かせる

 

などがあります。

吸収量の多い大きなパッドを紙パンツの中に入れて使用する場合、紙パンツからパッドがはみ出ることでモレの原因にもなりますので、紙パンツの中にしっかりと収まる(紙パンツに付いているギャザーを潰してしまわない)パッドを選ぶことが重要です。

 

紙パンツの値段は?

紙パンツは通常1袋単位で販売されています。

サイズや吸収量によって1袋に入っている紙パンツの数が違います。

Sサイズで吸収量の少ない紙パンツの方が入り数は多いです。

1袋の入り数はSサイズで22枚前後、Lサイズで18枚前後になります。

金額は1袋で2,000円前後のものが多いです。

 

おススメの紙パンツ

 

色々な紙パンツ

最近はサイズや吸収量の違いだけでなく、新しい種類の紙パンツも販売されています。

 

 

などがあり、色々な介護シーンにピンポイントで役に立つ機能が備わっています。

介護状況に合わせて紙パンツをお選び下さい。

 

紙パンツ
スポンサーリンク
オムツと介護の知識