洋式トイレ用手すりにU字補助手すりが付き、更に便利に

洋式トイレに置くだけで使用できる手すりは、以前から介護保険を使ってレンタルすることができました。

歩くことが不安定になってきた方の自宅トイレに設置することで、とても役に立つ手すりなのですが、その洋式トイレ用手すりにもっと役立つタイプのものが出たのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

これまでの洋式トイレ用手すり

これまで介護保険でレンタルできた洋式トイレ用手すりは、画像のようなタイプのものでした。

便座の左右に横手すりが付きます。

この横手すりは高さを変えることができ、また商品によっては手すりを上に跳ね上げて使うこともできます。

立ち座りのときやズボンを上げ下げする際に役立ちます。

また、便座に座っているときに横に倒れてしまうことを防ぎ姿勢を保つ役割もあります。

この手すりでも何もないよりはずっと安全に排泄することができ、役に立つ手すりではありますが、1つ欠点がありました。

それは、

 

立ち上がりにくいことです

 

手すりが体の真横に来るため、便座から立ち上がる際にその手すりを持っても、腰を浮かすことはできても膝を伸ばして立つ動作につなげることが難しいです。

人が立つためには、頭を下げて前かがみになる必要があります。

背筋が伸びた状態では立てないので、体の真横にある手すりでは「立つ」という動作には向いていません。

立つためには、体よりも「前に」手すりがある必要があります。

その「前に」も手すりのついた洋式トイレ用手すりが出ました。

 

U字補助手すり付きのトイレ手すり

株式会社シコクから販売されている『SA手すり』です。

写真のとおり、従来のトイレ手すりにU字型の手すりが追加されています。

 

ただそれだけの違いなのですが、このU字型手すりが付いたおかげで、便座からの立ち上がりがずっとやりやすくなりました。

 

また、立ち上がるときだけではなく座る際に体を方向転換するときにも活用できます。

このU字型手すりはトイレの幅や体の状態に応じて、左右どちらにも付けることができます。

 

これまでは立ち上がる際に使える手すりを別に取り付けることも多かったですが、このU字型手すりが追加されたおかげで、このトイレ用手すり1つで済むようになりました。

 

設置するに当たっての注意点

便利な手すりですが、デメリットがあるとすれば、

 

従来のトイレ手すりよりも設置に幅をとります

 

トイレの室内は狭いことが多く、従来の手すりでもスペースの関係で設置できないこともありました。

U字型の手すりが付いたことで、前方に15cm、上方に30cmほど更にスペースを取ることになるので、従来のトイレ手すりなら設置できても、このU字型手すりが追加されると設置できないケースもあるので、設置前にはトイレ内の広さの確認が必要です。

特に、ペーパーホルダー、棚、洗面台などが手すりに干渉する可能性があります。

 

まとめ

設置スペースに問題さえなければ、自立したトイレを手助けしてくれるとても役に立つ手すりです。

従来のトイレ手すり同様、介護保険でレンタルできます。

すでに従来型のトイレ手すりをレンタルされている方でも、この手すりに交換ができないか担当のケアマネジャーに相談してみて下さい。

排泄動作が更に楽で安全になると思います。

 

おススメです!

 

 

 

手すり
スポンサーリンク
オムツと介護の知識