電動カート(シニアカー)を活用すれば、安全で楽に外出できるようになります

高齢者の外出をお手伝いする道具の1つに、「電動カート(電動四輪車・シニアカー)」があります。

介護保険でレンタルすることもでき便利な道具であるのですが、使うまでにいくつか条件があったり手続きが必要となります。

利用までの流れと電動カートの特徴についてご紹介します。

スポンサーリンク

電動カート(電動四輪車・シニアカー)とは?

電動カートとは、バッテリーで動く四輪車です。

電動カート、電動四輪車、シニアカーなどと呼ばれています。

車のようにアクセルやブレーキ、方向指示器が付いています。

それらのスイッチは全て手元で操作できるようになっており、足は使いません。

充電式であり、家庭用の普通のコンセントから充電することができます。

電動カートは「歩行者」として扱われるため、歩道を走ることができます。

また、免許も必要ありません。

走行時の最高時速は6kmです。

最大まで充電した状態で約30km程度の距離を走ることができます。

 

介護保険で電動カートをレンタルするためには?

電動カートを新品で購入しようとすると30万程度掛かります。

介護保険のレンタルを利用すれば、月額2000円程度で借りることができます。

ただ、介護保険でレンタルするためには条件と手続きが必要です。

介護保険で電動カートをレンタルするための条件

介護保険では電動カートは「車椅子」と同じ扱いになっています。

介護保険で車椅子をレンタルするには、要介護2以上の介護認定を受けていることが条件となります。

そのため、電動カートを介護保険でレンタルする場合にも、要介護2以上の認定を受けていることが原則となります。

ただ、電動カートを使用したいと希望される方の多くは、もっと介護の低いお元気な方がほとんどだと思います。

車椅子は屋内の短い距離でも歩くのが難しくなった方が使うのに対し、電動カートは屋外の長い距離の移動が難しくなった方に使うものなので、この2つを同じ福祉用具として扱うことがそもそも適切ではないと思います。

ですがルール上はそうなっているため、現状ではそのルールに従う必要があります。

原則として要介護2以上の認定が必要ですが、要介護1以下の認定でも特例としてレンタルすることは可能です。

主治医の意見書やサービス担当者会議等を通じた適切なケアマネジメントにより電動カートが必要と判断された場合は例外給付としてレンタルすることができます。
つまり、掛かりつけの先生や担当のケアマネジャーが必要であると判断し、定められた申請書を市区町村の窓口に提出しレンタルが適切であると認められた場合には、要介護1以下であっても介護保険を使ってレンタルすることができます。
一連の手続きはケアマネジャーが行うことになるので、まずは担当のケアマネジャーに相談してみて下さい。

介護保険で電動カートをレンタルするための手続き

要介護1以下であれば、前述したように掛かりつけ医の判断や市区町村の許可が必要になるので、まずはそちらの手続きを行うことになります。

そして許可が降りたら、実際にレンタルをする電動カートの試乗をし安全に乗ることができるのかを確認することになります。

その試乗にはケアマネジャーやレンタル業者、電動カートのメーカーの方や介護者が立ち会って確認と指導を行います。

レンタルをした場合に走行するであろうルートを実際に走ってみて、危険な箇所はないか、走行操作に問題がないかを確認します。

そこで問題がなければ、ケアプラン等の介護保険レンタルのための書類を作成し、レンタル業者やメーカーとの契約を経て、レンタル開始となります。

 

実際に電動カートを使用するにあたっての注意点

充電するためのコンセントが必要であること

電動カートは充電式であるため、使うたびに充電が必要になります。

屋外のカーポートや倉庫、軒先に置いて保管することが多いですが、その保管場所に充電するためのコンセントが必要になります。

屋外用のコンセントがあれば良いですが、無い場合には屋内から延長コードで伸ばす必要が出てくるので、あらかじめどの場所に電動カートを保管してどこから電源を取るのか決めておく必要があります。

速度は遅め、長距離の走行もできない

走行速度はレバーで時速1kmから6kmまで調整することができますが、最高速度が6kmなので健康な方の早歩きぐらいの早さです。

杖や歩行器を使って歩くよりはずっと速いですが、スクーターぐらいの速さを希望している方には遅く感じることもあります。

また、最大まで充電して30kmの連続走行が限度です。

家を出て戻ってくる必要があるので、片道15kmが限度でバッテリーの状態によってはもっと短くなることを考えると、片道12kmぐらいが限度と考える方が良いです。

住宅環境にもよりますが、あちこちのお店をハシゴして買物して回るほどの距離を走ることはできないと認識しておく方が良いです。

使う方の身体状況によっては危険が大きくなることも

免許も不要で歩行者と同じ扱いにはなると言っても、バッテリーを積んでいる大型の機械です。

使い方を間違えると大けがに繋がることは間違いありません。

気をつけるべきなのは道路端の溝などです。

道路の端を通行することになるので、誤って転落しないように注意が必要です。

また、交差点を通行する際にも、歩行者や車にかなり気をつける必要があります。

特に難聴気味の方などは後方からやってくる自動車や自転車の音に気づかない可能性もあるので、交差点ではしっかり止まって前後左右の確認を意識することが大事です。

 

こういった操作方法や注意点は、試乗の際にメーカーの方から指導を受けることになります。

 

自費で購入する場合と介護保険でレンタルする場合との比較

電動カートを自費で購入する場合のメリットは、手続きの必要なく購入すればすぐに使えるということです。

介護保険でレンタルする場合には、手続きから実際に使用できるまでに1ヶ月程度掛かることもあります。

自費で購入するデメリットは、諸々の費用が高くつくことです。

本体が買い取りになるため30万程度の購入費用が必要なのと、修理費用や保険費用もメーカー保証を越える分は自己負担となります。

介護保険でレンタルする場合には、月額2000円程度の負担で済みその中に事故時の保険費用も含まれています。

故意な損傷でなければ故障も無料で修理してくれますし、不要になれば返却も可能です。

最新の機種が出ればそちらに変更することも可能です。

 

すぐに使いたい、使い回しではなく自分専用のものが欲しい、ということでなければ介護保険を使ってのレンタルがオススメです。

 

まとめ

適切に使用できれば高齢者の外出を手助けしてくれるとても便利な道具が電動カート(電動四輪車・シニアカー)です。

 

【株式会社セリオの電動カート】

 

【スズキの電動カート】

 

介護保険でレンタルする場合には前述したように手続きと条件があります。

またレンタルできる商品も業者によって限られています。

レンタル可能かどうか担当のケアマネジャーにご相談下さい。

 

福祉用具の知識 電動カート
スポンサーリンク
オムツと介護の知識